顧客情報は専門業者に依頼しよう|CRMの正体

女の人

顧客志向のマーケティング

男性

顧客関係管理

CRMという言葉は耳慣れないかもしれませんが、マーケティング用語の一つです。カスタマー・リレーションシップ・マネジメントの略で、日本語に訳すと、顧客関係管理という意味になります。マーケティングにおいて顧客情報の管理はとても重要です。顧客情報はただ商品の提供先というだけではないのです。購入履歴や製品満足度など、商品を新しく販売する上でも貴重な情報が詰まっています。CRMは営業マンをバックアップするシステムと言っても過言ではありません。その昔、顧客情報は書面で管理されていましたが、IT技術が発達した現在、大会社の多くは社内ネットワークで管理することとなっています。ネットワークを用いることで、効率よく情報を営業部門に送ることができます。運用にはコストがかかるため、ネットワークシステムの管理を外注して安く上げる必要があります。そのため、CRMを提供するシステム管理会社が数多く存在するのです。さて、CRMを導入するための会社選びはどうしたらよいのでしょうか。どんなシステムにも言えることですが、まずデータベースの規模を考えることです。顧客情報は何万件存在するのか、一人の顧客情報につき、どんな件数の情報を盛り込むのか。どれだけの部門でその顧客情報を共有するのか。それによってシステム管理にかかるコストも大幅に変わってきます。導入する規模にあったプランを用意しているシステム管理会社を選ぶとよいでしょう。

工夫次第で満足度向上

CRMシステムはすでにコールセンターなどで利用されているツールになりますが、これをさらに進化させていくことでさらに顧客満足度を向上させることが可能になります。一次解決率などの向上などはコールセンターの弱みを強みに変えるチャンスなのです。

営業管理を効率良くやろう

営業支援システムを利用することで、毎日の業務日報を素早く終わらせることができます。また、スマホやタブレットを使って業務日報を作成することができるので、仕事の負担をより軽減することができるでしょう。

情報を共有するメリット

組織は複数の人が共同で作業をすることで大きな仕事を成し遂げることができますが、この際に作業を効率化するために必要なのが案件管理です。案件管理では発生した案件や案件の進捗状況、また終了した案件かどうかを管理するもので情報を共有化することにも使うことができます。